【盲点となるレアケース】Pythonで「FileNotFoundError」が出てしまう時の対処・解決法

VSCodeを使って、Pythonのプログラムで、.txt形式のファイルを参照しようとしたら、、

FileNotFoundError

と表示されてしまいました。
今回は意外と盲点かもしれないこちらのエラーへの対処法を解説して行きます。

意味的には「ファイルが見つからない」ということなので、まず考えるべきはファイル名が間違っていないかという部分ですね。
これで解決すれば単純なのですが、今回はきちんとファイルが存在し、同じフォルダに入れている状態でした。

VSCodeで「開く」時にフォルダ全体を選択するだけ。

はい、これだけです。Macの場合はFinderからフォルダ(ディレクトリ)ごとドラッグアンドドロップでおしまい。

初心者のうちにやりがち(?)なのが1つ1つのファイルを個別に開いてしまうことです。
これをすると、たとえ同じフォルダに入れているファイルでも、FileNotFoundErrorが出てしまいます。

そしてこの2つ、見分け方は非常に簡単です。
個別にファイルを開いている時はエディターの上部に各ファイル名が表示されますが、きちんとフォルダごと開けている時は左側のサイドバーにまとめて表示されます。
ファイルの表示のされ方で一発ですね。

初心者には盲点となる部分かもしれません

プログラミングの難しいところは、プログラムを書き始めるまでの部分かもしれないというのは強く思いますね。

今回のエラーについて検索して出てくるのは相対パスや絶対パスと言った話ばかり。
このようなミスは初心者特有のものだということでしょう。

こう言った盲点となる部分に対応するにはまず検索力を高めること、後は質問できる環境に身を置くことでしょうか。
どちらもハードルは低くありませんが…。

タイトルとURLをコピーしました