よう実3巻・ネタバレ感想【綾小路の正体に近付く、無人島サバイバル】

ようこそ、実力至上主義のインターネットへ。

著:衣笠彰梧/イラスト:トモセシュンサク
¥574 (2022/08/07 15:44時点 | Amazon調べ)

というわけで、こんにちは。今回はようこそ実力至上主義の教室へ3となります。
(冒頭の言葉に深い意味はありません。それっぽい雰囲気を感じていただけたら幸いです笑)

よう実シリーズ3巻目にして、謎多き主人公綾小路の正体が少しだけ見える巻となっています!

後半は非常に印象に残る展開かつアニメ一期のラストシーンです。ネタバレ注意!

夏休みのバカンス!…と思ったら…。始まる無人島試験

無人島

第3巻は無人島でのサバイバル!
前回は7月上旬でしたが、今回はもう夏休み。期末テストをどうにか乗り越え退学者0の1年生は無人島でのバカンスにやって来ます。

楽しい夏休みの始まりだ、と思った矢先「こんな騙し打ちはいいんでしょうかね」と言いたい展開に。

  • 無人島での支給ポイントをいかに節約するかというオーソドックスなサバイバル的な側面
  • 自分達のクラスのリーダーを隠しつつ他のクラスのリーダーを当てる頭脳ゲーム的な側面

この2つの側面を持つ、無人島での特別試験が始まります。

今回の特別試験はクラス対抗によるものですが、これは揉めますわ…。特に男女の対立が浮き彫りになる展開、そこから大人になっていく様子が描かれます。

そんな中で、やっぱり一之瀬たちBクラスはいいですね。圧倒的な団結力によってサバイバルを乗り越えていきます。

そんな中で、やっぱり一之瀬たちBクラスはいいですね。圧倒的な団結力によってサバイバルを乗り越えていきます。

今回は特定のキャラが目立つと言うよりは、各クラスのキャラをまんべんなく描いている印象があります。メタ的に考えると、これから物語の中心となるキャラたちの紹介といったところでしょうか。

平田の秘密にも半歩近付く

前回に引き続きキャラのデータベースが紹介されます。平田の話も登場しました!Dクラスに入ったのは、ニュースで話題になるほどの事件に関与したからだと分かります。

流石に確信部分が分かることはありませんが、ストーリー中での様子からも過去に何かがあったらしいということが分かります。

気になる綾小路の正体にもすこーーしだけ迫る3巻。激動の高校生活の始まりの予感がします…!

スポンサーリンク

ちょいネタバレ。〜綾小路の考え〜

ここから先はちょっとネタバレ。

スパイ行為やクラスの不和など、なかなか暗い話も多い第3巻ですが、なんと言っても最大のポイントは、アニメでも話題になったクライマックスシーン。

綾小路の「最後にオレが『勝って』さえいればそれでいい」

謎の多い綾小路の正体にほんの少しだけ近付けたのかな?と思います。

ってかろくな正体じゃないな!やっぱり他作品の主人公とはかなり違うのが分かります。

ちょいネタバレ。〜無人島サバイバルの結果〜

そして期待の結果発表のとき。なんと1位はダントツでDクラスでした!

もう分かりそうですが、これ全て綾小路がやりました。体調不良と戦闘で倒れた堀北からリーダーを変更し、逆にAとCのリーダーを的中させてしまいます。
さらに堀北を掌の上で踊らせていたことも判明、めちゃくちゃ知力が高いことが分かります。

これはすごいですね…3巻にして、ようやく実力が見えて来た気がします。
この先主人公がどう動くのか、楽しみになりますね!

著:衣笠彰梧/イラスト:トモセシュンサク
¥574 (2022/08/07 15:44時点 | Amazon調べ)
タイトルとURLをコピーしました