おさまけ5巻・ネタバレ感想【ファンクラブ創設からカオスさを増すラブコメ】

群青同盟のメンバーたちのファンクラブが結成?!

著:二丸修一/イラスト:しぐれうい
¥624 (2022/03/09 18:12時点 | Amazon調べ)

みなさんこんにちは。今回は『幼なじみが絶対に負けないラブコメ5』です。

前回は結構シリアスな展開でしたが、今回は逆にコメディー要素が強めの回となっています。
もちろんコメディー要素の中にも末晴の性格の良さ哲彦の異常性が分かるエピソードがあるため、おさまけらしさのある巻となっています。
まあコメディーもおさまけらしいですが…。

そんなわけで、末晴たちのファンクラブはどうなって行くのかに注目のおさまけ5巻です!

群青同盟の4人にファンクラブが!

というわけで群青同盟の末晴とクロ、シロ、モモの4人それぞれにファンクラブができましたー、わーい!
まあ、喜んでるのは末晴だけなんですけどね笑。

クロとシロの2人はファンクラブを拒絶モモは手先にするつもり満々です。
ちなみに3人のファンクラブ代表のうちに1番やばいのはモモのファンクラブです。
制服の下にモモの顔がプリントされたシャツを着て、「イモウトラブ」と書かれた鉢巻をしています。

不審者レベルが限界超えてるでしょこれは…。

一方の末晴ファンクラブは生徒会副会長の恵須川橙花(えすかわとうか)が監視しているのである程度の統率は取れているようです。
今度はオレンジか〜。

その監督のもと、休日に渋谷に遊びに行くことになり、末晴のハーレム化が急速に進みます笑。
”おさかの”であるクロと、シロ&モモに対する罪悪感がありつつも渋谷へ向かう末晴…。

スポンサーリンク

問題ばかりの多重デート

もちろんクロ、シロ、モモは跡をつけますが…。

途中で恵須川に見つかり、ファンクラブ恵須川末晴3人シロのメイド紫苑(乱入して来た)でデート的な何かを続行することになります。

紫苑は前回からの登場であり、末晴を敵視するアホの子ですね。

この作品全体に言えることですが、少し書き方を間違えたらウザくなりそうなキャラたちを魅力的にするのがとても上手いです。

実は紫苑みたいなキャラは普段はあまり好きになれないのですが、今回は結構お気に入りのキャラになっています。

さて、ストーリーに戻りましょう。
その後は哲彦と10人の女の子とも出会い、問題ばかりですが、恵須川のおかげでどうにか乗り切ることができます。

そしてなんと、恵須川自身も末晴に惹かれているということが判明します。モテすぎだろマジで!
確かに名前に色が入っているので怪しい雰囲気はありましたが、本当に好きだとは…。

これぞまさに、恋は混沌の隷也でしょうかね!

はい、言いたかっただけです。

ファンクラブたちを群青同盟の傘下に笑

ここからはクロシロモモのファンクラブの話です。

「末晴のファンクラブ加入=ファンクラブの公認」or「ファンクラブの吸収」を賭けた、ファンクラブと群青同盟の戦いが起こります。
企画の一部ではありますが、相手の得意な土俵でも戦わないと行けないという状況。

野球部&テニス部と野球&テニス勝負って無理でしょ〜と思いましたが、ここは哲彦の悪知恵が活きます。
無理矢理試合を無効=引き分けに持ち込み、最終的にシロクロのファンクラブは群青同盟に屈します。

そして最後はモモのファンクラブですが…。
クロ、シロ、モモへの申し訳なさからファンクラブを解散させたかった末晴はモモのファンクラブと裏で協力することに。
恵須川も交えて「哲彦にキスする」というパワープレイで状況を打破しようとします。

偽のカミングアウトをするということですね。やば過ぎる作戦の行方は…。

全校に広まる事件になるとは、この時の末晴は考えていなかった(かも)。

”察してくれ、群青”事件

もう哲彦のイメージこんな感じなんだよな…。

そして勝負の時が近付いて来ます。今回の対決はバドですが、中身は八百長です。
ここまでの流れを訝しんでいる哲彦の鋭さには本当に驚きますね。

そして偽カミングアウトの瞬間、異変を察知した哲彦は人間離れした速度で末晴のそばから離れます!
一触即発の雰囲気の中、恵須川は自らを犠牲にして事態を収拾しようとし、末晴と付き合っていると言います。
これには流石の哲彦も驚きますが、モモは周囲を観察、1人だけギリギリ冷静さを保っています(流石は俺の推し笑)。

そしてその騒動の中、隙を付いて末晴は哲彦にKISS!

「察してくれ」と叫んだことで事態は急展開を迎えます。

”察してくれ、群青”と名付けられたこの事件後、無事に末晴のファンクラブは解散となります。
また、恵須川の交際宣言には驚いていたクロとシロも、すぐに全てを「察し」ます。

やっぱり群青同盟は普通じゃねえや。凄過ぎる面子だねほんと。

スポンサーリンク

モモに迫る危機、立ち上がれ群青

そしてエピローグでは、末晴と恵須川、いや末晴と橙花が友人になる場面が描かれます。
群青同盟の3人とは役者が違う橙花ですが、良い友人となってくれそうです。

そして恒例の哲彦と阿部先輩。
前回で縁は切れたかと思いましたが、今後も続きそうですね。
本当に哲彦がすごいんだわこの作品。何人もと同時に付き合うようなとんでもない所はありますが、最強主人公っぽくて結構好きです。

今回の名言(的なもの)は、末晴が1回目のキスに失敗したシーン、勝利が確定したかと思いましたが、

「相手が哲彦でなければ」

ですね。

そして今回の問題は阿部先輩との話ではありません。

哲彦の叔父から入った情報によるとハーディー・瞬の計略によってモモの両親が登場しそうで…。
叔父からモモを守れと言われる哲彦。
言われるまでもないって感じですが、これは次回は荒れるぞ…。

著:二丸修一/イラスト:しぐれうい
¥624 (2022/03/09 18:12時点 | Amazon調べ)
タイトルとURLをコピーしました