おさまけ2巻・ネタバレ感想【群青同盟の結成と、陰の主役哲彦の目的】

結成!群青同盟!

著:二丸修一/イラスト:しぐれうい
¥644 (2022/03/07 20:50時点 | Amazon調べ)

みなさんこんにちは。今回は『幼なじみが絶対に負けないラブコメ2』です!

前回のラストで登場した芸能人時代の後輩「桃坂真理愛」通称モモが加わり、新展開となります!

2巻を読んだ後、作品の世界の広がりを感じていること間違いなしです。
というわけで行きましょう、”おさまけ”シリーズ2巻。ネタバレ注意!

失意の末晴と記憶喪失の黒羽、丸くなった白草。第3の幼なじみ真理愛

前回、告白祭で「ヤダ」を食らった末晴は完全にクロにビビってしまいます
まあ単に振られただけじゃなく、全校生徒や全国の前で振られたんだもんね…。

一方のクロもまた勢いで振ったことを後悔しますが、哲彦と思わせぶりな会話をした後に記憶喪失に!?
どうやら哲彦の目的をある程度見抜いていたようですが…。いやこの記憶喪失って…。この先は言わんとこ。

そして、告白祭前後からすっかり丸くなったシロ。可愛いですね!
でも推しは真理愛、通称モモに決めました。なんとなく青○タの翔○さんに似てる気がするんですよね。

重たいバックグラウンドとか(モモの場合は家庭環境)、見た目に反して強かなところ、主人公に対しての距離感がやけに近いのに敬語で話しているところですかね。

とにかく、推しは(意外にも?)モモです!

スポンサーリンク

クズ社長率いるプロダクション VS ”群青同盟”

なんやかんやあって、中心メンバー5人(末晴、クロ、シロ、モモ、哲彦)でモモの所属しているプロダクションに行った結果…。

社長の性格の悪さによって、末晴の進退を賭けたCM勝負が勃発してしまいます。
一般の人の投票によってどちらのCMが良いかを決めてもらうという対決です。

なんとモモはプロダクション側として出演するという展開になってしまいますが、こちらは末晴を中心に据えた”群青同盟”で挑みます。
この”群青同盟”と言う言葉がキーワードになるというのは前から知っていましたが、最初に口にしたのはモモだったというのは意外ですね。

脚本を担当するシロは「勝てる」と言いますが、どのような策があるのか?

CM勝負の結末は…。

モモと姉は自宅で途中経過を見ます。この段階では、流石にプロが作っているCMの方が高評価なのですが…。
末晴に電話したモモは、まだ秘策が残っていることに気付きます。
このシーンでは今回の名言が登場していますね。

俺の今の”全力”——見せてやるよ

(CV松岡禎丞)に相応しいかっこよさ!

そして公開される1本の動画。
なんと、アーティストのMVに群青同盟が出演したものでした。
直接的にCMの宣伝をするわけではありませんが、ニュース記事では当然関連させて書かれます。

さらにMVの内容が狂気的だったため、心情的にも群青同盟側のCMに投票する人が多く、果的に大差で勝利します!

哲彦の目的と作品の奥深さ

そして最後、哲彦の秘密が明らかにされました。

今回登場したクズ社長ハーディー・瞬は哲彦の父親であり、哲彦はクズ社長を倒すことが目的のようですね。
こういうラブコメの友人キャラとしては珍しく、単なる友人ではないようです。

最初に末晴に近付いたのも芸能界に繋がりのある存在だったことがきっかけのようですし、今後も哲彦は超重要キャラとなりそうですね!

さらに今回登場した玲奈は哲彦の腹違いの妹らしく、単純なラブコメ作品ではないことがよく分かります。

そしてそこら辺の事情を読み切っていたクロも恐ろしいですね。頭の回転の速さに、記憶喪失を装う演技力と、哲彦が最強だと思うのも無理もない、って感じです。

クズ社長は今後も登場しそうですし、そうなると割とシリアス路線の話になりそうです。
シリアス要素がしっかりあるのは個人的に大好きなので、今後の展開も楽しみです!

今回は群青同盟の結成モモの転校+加入で終わりましたね。
そして、記憶喪失が嘘だったことが明らかになったクロと、末晴の関係はどうなるのか?

次回、沖縄編!

著:二丸修一/イラスト:しぐれうい
¥644 (2022/03/07 20:50時点 | Amazon調べ)
タイトルとURLをコピーしました