声優ラジオのウラオモテ5巻・ネタバレ感想【共に大人になっていく2人】

高校3年生って、年下なんだよな…。

いつの間にか年を取ったなと思いました、どうも俺です。

今回は声優ラジオのウラオモテ #05 夕陽とやすみは大人になれない?を紹介していきます。

3年生に進級し、また同じクラスになった由美子と千佳。同じ学校、同じクラスというラジオの前提条件は守られたわけですね。同じクラスになって2人とも嬉しそうなご様子。だけど素直になれない2人はやっぱり中学生のラブコメ状態だなーと思います。

1、2、4巻と、主人公の声優業とは無関係な部分での話が多かった声優ラジオシリーズ。感想として、今回はまさに「声優」という内容かなーと思いました!

修羅場の現場と早熟の天才

今回は由美子と千佳の2人が共演するアニメの話がメインの出来事でしょう。
しかしそれは、ギリギリアウトくらいで回しているトンデモアニメでした。
2人は主人公の親友を演じますが、その主人公役が年下の後輩で、デビュー2年目。天才が登場してしまいました…。

アフレコに行けば、そこは修羅場

原作者と揉めた制作会社は、完全オリジナルストーリーを作っており、問題が多発!

アニメの1話は作画崩壊で話題になり、ストーリーの進まなかった3話は虚無回と言われる有様。制作陣の怠慢が原因でないのが救いですが、これはなかなか大変そうです。

虚無回のところは笑っちゃいましたね。
実際のところ、こういう現場ってあるんでしょうかね…。
途中で休みを挟むアニメはこんな感じなのかも…?

明るい後輩は、天才。

新キャラの高橋結衣は千佳(夕暮夕陽)と同じ事務所の後輩で、夕陽(つまりは千佳に心酔しています。
普段は底抜けに明るいムードメーカー気質ですが、夕陽への愛がおもーーーい!由美子もドン引きのメンヘラムーブを見せることもあります。

そして問題はそこではありません。夕陽自身も含めた様々な有名声優の技を吸収し、さらにレベルが高すぎる!
マネージャーや他の先輩たちも「天才」だと言います。

しかし、明るく振るまう本人も、内に抱えたものがあるようで…。

海
悩んだ時は海に行こう
スポンサーリンク

徐々に認められる2人

悪い話ばかりではなく、多くの声優やファン、アニメ関係者に認められていく、由美子と千佳の2人。超大物声優と食事に行く話も登場します。これはすごいな、といった感想を抱きます笑。

さらに、アフレコ現場ではまさに2人で力を合わせた演技を見せます。

この作品が最高だなーと思う瞬間はここですね。
普段は喧嘩ばかりの2人が重要な時は助け合う展開、かなり熱いです。

がっくりと落ち込んでいた結衣も刺激を受け、まだまだ先へ進んで行きそうです!
ラノベキャラにおける「ゆい」率の高さは異常

#夕陽とやすみは大人になれない?

5巻を貫く第二のテーマは由美子の進路です。前回の乙女姉さんのこともあり、大学進学を考え出す由美子。(ちなみに千佳は大学に行くつもりです。)

ちょうど時は高3の始まりで、進路希望調査が配られるシーンもあります。
(個人的な話ですが、仲の良かった友だちは文理の選択や受験する大学で結構迷っていたことを思い出します。)

進路に悩み、様々な人の意見を聞く由美子。この行動力と真剣さは素直に尊敬できますね。

自分の引き出しを増やすことも大事だという言葉が刺さり、大学進学を決意します。
同じ高校ってことは千佳と由美子の学力は近いでしょうし、そこも2人で助け合って行くのでしょうか?いやそれはないか。

5巻のサブタイトルは「大人になれない?」でしたが、答えはNo大人に近付いた巻でした!

タイトルとURLをコピーしました