SAOプログレッシブ7巻・ネタバレ感想【7層の見どころ、カジノへ…?】

「失ったよ、全てを」天国と地獄のカジノ編前編!

著:川原礫/イラスト:abec
¥644 (2021/11/16 23:36時点 | Amazon調べ)

はい、みなさんこんにちは。僕は日本から出たことがないのでカジノに行ったことはありませんが…。今回はSAOプログレッシブの7巻です。

映画化で話題となっているプログレッシブ編ですが、やっぱりいいですねこのシリーズ。ファンタジーRPGが好きな人には刺さると思います。それでは早速行きましょう!

7層到達!ギャンブルやりま…………せん!

ようやくキリトとアスナは7層までやって来ました。7層のメインは、ベータ時代に(キリト含め)多くのプレイヤーが全財産を失ったカジノ…。

アスナは当然カジノに猛反対、流石のキリトも、デスゲームで全財産を失うわけには行かないので諦めます笑。同じ過ちを繰り返すのは文字通りの死活問題ですからね…。

ですが、アスナが行きたがっていたビーチにはカジノでかなり勝つ必要があります。いやー、これどうなるんでしょうかね。

プログレッシブ編にはキリトのヒロインがアスナしか登場しないので、2人の相性の良さがよく分かります。本当にこのコンビ最高だな。

スポンサーリンク

モンスター闘技場の不正疑惑

ギャンブルはしないものの、アルゴの受けたクエストを手伝う形で、カジノの運営側に関わっていく2人
どうやらカジノは2つの勢力(的な)による共同経営で、爺さん側と女の子側が対立、爺さん側が不正をしているようですね。

まあ女の子が不正しているような展開は、SAOにはない気もします笑笑

新キャラである女の子(ニルーニル)とメイド(キオ)、この2人も高度化されたAIのようです。
アリシゼーション編ではまさに「人工知能」と呼ぶべき存在が登場しましたが、おそらくアインクラッドで登場する高度化AIはユイちゃん的な感じなのでしょう。
作品中ではトップダウン型と呼ばれていますが、その最高峰がユイ、キズメル、ニルーニルだと思われます。

カジノのある町ウォルプータ(サントリーニ島)
ちなみに、カジノのある町ウォルプータはサントリーニ島風の町です

囚われのキズメルを救え!

キズメルと言えば秘鍵を全て奪われてしまった後の行方も気になるところ。

キリトとアスナはキズメルがいると思われる城へ向かいますが、なかなか手荒い歓迎を受け…。フォールンエルフとの密通の罪によって2人も捕まってしまいます

その牢獄には他にも、30年間囚われていた人物もおり、彼の手を借りることでキズメルを救出します。この人物はどうやら、アスナの剣「シバルリック・レイピア」を作ったエルフの兄のようです。思わぬ繋がり!

さらにキズメルの話によるとエルフ三代勢力の1つ、ビャクダン騎士団の先代団長ようです。
妙に強いのはそういうことか…。

今後のキズメルは、剥奪のカイサラに奪われた秘鍵を取り戻すことになるでしょう。
ですがもはや今の身分は脱走兵なので、とりあえずはキリト&アスナと同行するのかな?と思います。

カジノの裏側へ…

キズメルも救出しクエストも進め、これから爺さんの不正を白日の元に晒すゾ、というところで幕引きとなります。

最後はキリトがカジノの裏手にある厩舎に忍び込んでいきます。やけに不穏な終わり方でしたが、この後どうなるのか…。

次回はカジノ問題の解決とフロアボスの攻略が描かれるのでしょうか、この層も結構時間がかかりますね。

スポンサーリンク

まとめ:プログレッサー

アルゴがゲーマーの分類について話すシーンがあり、そこでアスナには「プログッレサー」が似合うと言います。ちなみにこれはアルゴが考えたオリジナルです。地味にタイトル回収!

おそらくキズメルの事件が解決するのが10層だと思うので、そこでプログレッシブは完結となりそうな気もしますね(どこかの後書きに書いてあったかも?)
キリトとアスナがずっと行動を共にするIfストーリーになっても良いと思いますが!

あとはアニメ化ですね!映画はナンバリングの本編ともプログレッシブとも異なるストーリーなので小説のプログレッシブ編に準拠したアニメは難しいかな?とも思いますが。

キズメルとか、キリトとアスナの最高のコンビネーションとか、ぜひ映像で見てみたいですね!

著:川原礫/イラスト:abec
¥644 (2021/11/16 23:36時点 | Amazon調べ)
タイトルとURLをコピーしました