SAOプログレッシブのパンフレットが最高【SAOかな〜やっぱり】

このゲーム、この世界には負けたくない。

はい、みなさんこんにちは。これを書いているのは12月中旬なのですが、なんと先日の土曜にようやく映画見に行きました

内容は最高過ぎた…と言った感じでして、公開がだいたい終わった段階であらすじ付きの感想も書いておこうと思っています

それでは今回は、劇場で買えるパンフレットについてです!
ネタバレなしでどう言った内容が書いてあるのか紹介していきます。が、一点だけ、ミトの生死という超重要ポイントに関しては最後に触れてしまいますので、ご注意を!(公開前に考察などで話題になっていましたが…)

タペストリーなんかも発売されていますね、abec先生の原作絵はほんと神。

プログレッシブ後〜現在の軌跡

まず最初にはアニメシリーズが簡単にまとめられています。SAOプログレッシブは全ての始まりの物語なので、ここに描かれているのは「その後」の話ばかりですね。

ほんとに声優陣が豪華なんだよな…。

また一期から見直したくなること間違いなしの内容になっています!

声優三人のインタビュー!

次はやっぱりこれですよ!メインキャラ三人を演じる声優陣のインタビューです!

松岡さんと戸松さんのインタビューでは、やはりキリトとアスナの原点という部分がポイントですね。直近のアニメはアリシゼーション編ということで、芯の部分は同じでも雰囲気は別人ですからね笑。

14歳と15歳の二人の演じ方だけでなく、性格面についてなどが語られていて、こっちまで感慨深くなります。

そして水瀬さんは新キャラのミトということで、ミトに関する内容(性格面が多いですね)がやはり多くなっていますね…う〜〜ん、天使!
ネタバレがあれなので詳しく書けませんが、いい…うん、いい………。

何も伝わんねえよ!

ですよね〜〜。ですが、やはり声優から見たキャラというのは特別だと思いますよ。
キャラの顔や表情、仕草は別にあって、そこに声を吹き込む。俳優や女優とはまた違った見方ができるのではないかと思います。う〜〜〜ん、いい………。

LiSA&Ayase’s Comments

パンフレットの順番とちょっと違いますが、ここで二人のコメントについて触れておこうと思います。書かれている内容は公開前の無料パンフレットと同じですが、見開きの右ページに『往け』の歌詞が書いてあります。

歌詞の意味について考えてみると良いかも。映画を見る前から「SAOらしいな」とは思いましたけどね。

まとめ:このパンフレットは本当に買うべき!

結論を言うとこれですね。
ここまで書いて来た以外にも、この後ちょっとだけ紹介するスタッフ対談梶浦由記さんのインタビューなど注目箇所は多いです。

特に梶浦由記さんはあの神曲たちを生み出した方ですからね…。今回はアスナ視点ということで「luminous sword」を何回も聞けて、それでもクライマックスシーンは「swordland」で、もう最高でしたね。

また、映画の各シーンの写真も多く、映画の感動が蘇って来ます!
さらに、風景やモンスターの設定資料もあり!アインクラッドに行きたくなりますね、デスゲームじゃなければ笑。

個人的には武器のイラストが載っていたのが良かったですね。厨二病なので…。
アニールブレードとウィンドフルーレという小説のプログレッシブ編でも登場する武器が描かれていたので、興奮しました…。

そんなこんなで、このパンフレットはめちゃくちゃ良かったですね。皆さんもぜひ!
最後に若干のネタバレあり(ミトの結末という気になる部分ですが)でスタッフ対談について書いて終わります!

ネタバレ注意:SAOスタッフ対談

最後にネタバレ注意です。

川原礫先生の言葉

スタッフ対談では原作者の川原礫さんなどの対談が書かれているのですが、そこの一部分を見た時に「うぇ?!!」と声を上げてしまいました。

なんとミトがSAO本編に登場する可能性があるようです!これは期待ができますよまじで…。

思い返せば前回「劇場版ソードアート・オンライン オーディナルスケール」のオリキャラ二人(ユナとエイジ)はアリシゼーション編のアニメに登場しましたからね、同様のことが本編でも起こるかも……!

ネタバレはこれですね、ミトは生きてます!

もうちょいネタバレ。と言うか小説版プログレッシブとの関係

ネタバレついでのちょっとだけストーリーに触れます。
「今のはオーバーキル過ぎるよ」からは小説のプログレッシブとほぼ同じでありながら、違和感なくミトが絡んできていた印象でしたね。

PVでミトとキリトが話すシーンがなかったので「おや?」と思っていましたが、本当に話さなかったのはちょっと残念ですね…。そのお陰で小説プログレッシブとの整合性が取れているわけですが。

小説との違いを見つけてみると面白いです!僕は小説を読んでいたので、二重に楽しめました。
例えばお風呂シーンが問題なく終わったり、エギルの空気が薄くなっていたり、と言った具合ですね笑。

後はあれ!キリト視点ではないのでクラインモブなんですよね笑。

ここから先は、公開前に無料でもらえた予告パンフレットの内容です、ご注意!

声優の方々をはじめとしたコメントがいい!

こんにちは。先日SAOプログレッシブのパンフレットをもらって来たのですが、これが想像以上に良かった…。ちょっとだけお話しようと思います。

今までに見て来たパンフレットはネットの情報を整理しただけのものが多かったのですが、これは中2ページに渡って関係者の方々のコメントが!

メインキャストの松岡禎丞さん、戸松遥さん、水瀬いのりさんはもちろん、主題歌を担当するLiSAさんなど総勢11人分もあり、充実しすぎな内容です。

これはファンの方ほど楽しめますね。ペラ一枚のパンフレットとは違う充実感でした。

主題歌『往け』に期待大!

パンフレットには主題歌を作曲したAyaseさんのコメントも。AyaseさんもSAOのファンらしいです!なんと!最高ですね!

Ayaseさんが作曲してLiSAさんが歌うというのは、もう聞く前から神曲確定な気もしますが…10月15日の配信の日を楽しみに待ちましょう。

(11/19追記)神曲でしたね!

あと今更気付きましたが、シリカが登場するらしいですね。キャストのところにしれっと名前が書いてありました。
流石に「黒の剣士」以前にキリトと出会った世界線にはならないと思うので、どういう登場の仕方をするのかにも注目ですね。

サウンドトラックにも注目!

やはりSAOと言えばBGMも最高ですね。作曲を担当している梶浦由紀さんはSAOで知り、今では最も好きな作曲家です。

今回の映画では「往け」のジャケット(?)もこちらもアスナが描かれていて、映画の主人公がアスナなんだ、というのがよく分かります。

まとめ・基本情報

まずパンフレット表紙のキービジュだけでもテンションが上がりますが、それだけじゃない内容です。
おそらくここでしか読むことの出来ないコメント集があるので、ぜひお近くの映画館でもらってみると良いでしょう。上映館はこちら

パンフレットに関しては以上ですが、基本情報に関しても載せておきたいと思います。ここに名前が登場している11人が、パンフレットにコメントを書いています!

『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』
2021年10月30日(土)公開

(敬称略)
主題歌
「往け」
作詞:LiSA /作曲:Ayase

スタッフ
原作・ストーリー原案:川原礫
原作イラスト・キャラクター原案:abec
監督:河野亜矢子
キャラクターデザイン・総作画監督:戸谷賢都
アクションディレクター・モンスターデザイン:甲斐泰之
音楽:梶浦由記
制作:A-1 Pictures
配給:アニプレックス
製作:SAO-P Project

キャスト
キリト:松岡禎丞
アスナ:戸松遥
ミト:水瀬いのり

これは、ゲームであっても遊びではない――。

タイトルとURLをコピーしました