おさまけ7巻・ネタバレ感想【黒羽の妹を襲う危機と、団結する群青同盟】

《全国の妹好きに朗報》
今度は妹回だ!

著:二丸修一/イラスト:しぐれうい
¥644 (2022/03/09 18:21時点 | Amazon調べ)

みなさんこんにちは。今回は『幼なじみが絶対に負けないラブコメ7』です!

今回はクロの妹である朱音(アカネ)がメインとなり、前回同様シリアスな展開となります。
今更ですが、クロの家はクロを長女として四姉妹です。そして、全員が末晴のことを好き(ほぼ確定)。
これは罪作りですわ、、、もう存在自体がギルティーだねこれ。

モテまくる主人公と言えばSAOのキリトですが、キリトの次くらいのモテ度じゃない?
群青同盟の3人に加えて、クロの妹3人、そして生徒会副会長。もう7人ですよ。

それはさておき、クロの妹の1人、中一の朱音がヤンキーからの告白を保留にしたことによって事件は始まります。
またもや群青同盟が協力する展開となる、おさまけ7巻です!今までよりネタバレ注意!

近付く3人との距離。修羅場の中心で助けを叫べ。

さて、まずは末晴の周辺ですね。”おさかの”であるクロとは、「クロが手を握って来たら軽く握り返す」という約束を結びます。
時にはみんなの前でそれをやって来る行動力は流石っす…。

しかし、仲良くしているのはクロだけではありません。シロとは試験前に通話を繋いで勉強してますし。
おいおいおいおいおいおいおいおい。
まあ可知家のメイド、紫苑ちゃんのせいでシロには恋愛感情がないと勘違いしているのですが…。

やっぱり気安さのクロ王道のシロ、恋愛とは別のパートナーのモモって感じがしますね。

まあモモとの関係も前回で恋愛寄りになったわけですが、敢えて3人で変化をつけるとこんな感じでしょうか。

それでは本題ですね。

スポンサーリンク

朱音に迫る危機。再び立ち上がる群青同盟

さて、ヤンキーからの告白を保留にしていたものの、末晴や蒼依(朱音と蒼依は双子)に言われてきっちりと断った朱音。
が、みんなが見ている前で堂々と連れ出して断ったため、結構な人が盗み見ていました。

それが原因なのか何なのか、朱音は学校の掲示板に悪口を書き込まれてしまいます(学校の掲示板って小説でよく出てくるけど、実在するんかね)。
振られたヤンキーの他にも複数の、いわゆる”アンチ”が書き込みをしているようです。

めちゃくちゃ頭が良くて外見も整っているのに、クール過ぎる性格が災いしているようですね。
この危機に群青同盟は再び一致団結し、アカネを守ることになります。

素早く案を考える哲彦はやっぱりすごいです。
頭のネジは外れていますが、切れ味は抜群ですね。頭のネジは外れていますが。

朱音防衛作戦その1(withモモ)

まず末晴とモモは朱音の中学=末晴とクロの出身校に行きます。
理屈っぽい性格の朱音ですが、計算高いモモとの相性はよく「モモねぇ」と呼ぶようになります。

そして末晴とモモの2人は教師側との話し合いに加えて、アンチと思われる生徒たちの写真を撮ることに成功します。

本当に群青同盟のメンバーは頭が切れる人ばかりですね…すごい!
現代では、もはやネットでの誹謗中傷は毎日行われていることです。この問題を解決することの難しさについてよく分かりますね。

朱音防衛作戦その2(withクロ)

哲彦の考えた作戦のうちの1つは「味方を増やす」です。ちなみにモモの役目は「教師の懐柔」でした。

出身校の家庭科室でいい雰囲気になり、さらにそれを蒼依に見られるという場面もありましたが、

  • 朱音にはファンも多いこと
  • もそも中学の人気は次女の碧派閥であるグリーンボンバー、蒼依派閥であるブルーオーシャン、朱音派閥であるレッドアカデミーに三分されていること

が分かります。

ちなみに一番人気は蒼依のようですね、ブルーオーシャンなのに笑。
ともあれ、味方もたくさんいるということが分かります。

ふむふむ、今回は末晴を巡る恋愛面でも様々なシーンがありますね。
朱音の方が暴走しそうだとみんなが思っている双子ですが、蒼依の方も溜めていたものが溢れると大変なことになりそう…。
その蒼依ですが、末晴は「流されるのは不誠実」だと言われてしまいます。

効果は抜群だ!末晴はピンチで泣きそう…。

朱音防衛作戦その3(Counter Attack)

朱音のファンであるレッドアカデミーの1人から、ヤンキーが他の生徒を脅して誹謗中傷を書かせた証拠を手に入れた群青同盟たち。
門の前で待ち伏せして犯行を暴こうとします。

クロと来た時と同様、家庭科室に待機する末晴&シロ
掃除用具入れの中に隠れるというどっかで聞いたような展開もありつつ、なんと末晴は主犯と思われていたヤンキーと遭遇します。

そしてヤンキーは末晴のファンで、掲示板の書き込みの真犯人はガセネタをリークした朱音ファンだと分かります。

やっぱそういう展開かーい!

クロの妹たちを群青同盟の準メンバーに加えて今後の手出しもさせないようにし、無事に事件解決です!

かなりシリアスな展開だった今回、単純にヤンキーが犯人ではなく、実はファンクラブをまとめていた奴が悪人だったというのは良かったですね。
怪しいとは思いましたが、きっちり逆転の展開だったのでかなり面白かったです。

しかし、最後に末晴から爆弾が…。

スポンサーリンク

3人から距離を置く末晴

なんとクロ、シロ、モモの3人との距離を置くと宣言します。
蒼依に不誠実と言われたことが非常に効いてしまったようですね。効果抜群だったもん…。
この蒼依の台詞は今回の名言にしておきましょうかね。

「他に気になる女性がいるのに、流されるのはやっぱり不誠実です」

なんと、一番大人しくて問題を起こさないように見える蒼依が(間接的に)大問題を引き起こしたということです。これは面白くなって来ましたねー。

放心状態の3人は会議を開き、クロは「末晴のことを3人同時に振る」ということを提案します。
それは記憶喪失詐欺レベルの悪手では?と思いますが、詳細は次回のクリスマス編で明かされることでしょう。それではまた!

著:二丸修一/イラスト:しぐれうい
¥644 (2022/03/09 18:21時点 | Amazon調べ)
タイトルとURLをコピーしました