リゼロ7巻・ネタバレ感想【剣鬼と共に白鯨攻略戦!結末はいかに…】

著:長月達平/イラスト:大塚真一郎
¥574 (2022/08/12 21:06時点 | Amazon調べ)

スバル完全復活!

これだよこれ、待ち望んでいたのはこれなんですよ!

ってなわけでこんにちは、今回はリゼロの7巻です。
前回は徹底的に打ちのめされたスバルでしたが、今回は今までとは明らかに異なる交渉術と理性、そして知性を見せてくれます

今まではなんだかんだで「怠惰」で「傲慢」だったスバルですが、今回は全く違います。前回レムを殺され窮地に陥る原因となった白鯨を討伐、そしてペテルギウスをはじめとした魔女教の連中を倒すため、謙虚かつ冷静な姿になります。まさにナツキ・スバルのリスタートです!

↓白鯨のイメージです。本物は空を飛びますが…笑。

白鯨イメージ
白鯨のつもりです笑

あらすじ

ここで一旦あらすじを置いておきますね。

度重なる死に一度は心を折られ、しかしレムの言葉に再起を誓ったナツキ・スバル。
『死に戻り』した記憶を活かし、エミリアを救うための手段として、スバルは王選候補者であるクルシュやアナスタシアを巻き込み、魔獣『白鯨』の討伐に打って出る。四百年の長きに亘り、世界を苦しめる『霧』の魔獣の討伐――獣人傭兵団『鉄の牙』白鯨への復讐に燃える古兵たちが集う中、待ち望んだ機会に一人の剣鬼が歓喜する。
「――我が妻、テレシア・ヴァン・アストレアに捧ぐ」
激闘と活劇の第七幕。それは愛と剣に生きた、一人の男の生き様。

このあらすじの通りスバルたちは、魔女に生み出されてから400年間生きながらえて来た魔獣「白鯨」の討伐作戦に挑み、多くの危機を乗り越え、そして仲間の存在が抹消されるという犠牲を払いながらもなんとか討伐します。

途中で白鯨が3体に増えた時は、また死んでしまうのか…と思いました。
仲間達と力を合わせて強大な敵と戦い、知恵を振り絞って倒す方法を考える。まさにファンタジーの王道と言える戦いでした!

前回、レムの存在が消されてしまったのは白鯨の影響だったようですね。しかしスバルだけは記憶を失わないという、死に戻りと関係のありそうな能力も明らかになります。
おそらく嫉妬の魔女サテラに愛されているからこういう妙なことが起こるのでしょう。

スポンサーリンク

剣鬼ヴィルヘルム・ヴァン・アストレア

そして、今回の主人公はスバルともう1人、「剣鬼」ヴィルヘルムです。

スバルとロズワール邸の前で言葉を交わしていた時は単なる使用人かと思いましたが、、すいませんでした!

6本の剣を使い捨てにしつつ二刀流で戦うようです。ヴィルヘルムの強さには二刀流キ○トもびっくりだ!

愛する人を殺した白鯨への復讐に燃える1人の老人の姿はある意味誰よりも若々しいです。本当にカッコ良すぎる。この人には今後も死なずに味方になってほしい…。

そして、7巻は白鯨戦で終了となります。4巻から続く王都でのごたごたですが、まだ決着は先延ばしのようです。

ペテルギウスがそう簡単に死ぬとも思えませんが…。次回に戦うであろう魔女教の連中は今回スバルたちを大いに苦しめた白鯨を使役する立場の者たちです。

真の狂気との対決、乞うご期待!デス!

スバル死亡回数 0
累計 10

著:長月達平/イラスト:大塚真一郎
¥574 (2022/08/12 21:06時点 | Amazon調べ)
タイトルとURLをコピーしました