よう実2年生編4.5巻・ネタバレ感想【ホワイトルーム生の正体が判明!】

ホワイトルーム生、お前だったんか。

著:衣笠彰梧/イラスト:トモセシュンサク
¥653 (2021/12/20 11:33時点 | Amazon調べ)

みなさんこんにちは、今回は「ようこそ実力至上主義の教室へ2年生編4.5」です!

無人島試験が終わった後の船での話となる今回。今までの短編集はどこか緩い話が多かったですが(堀北の腕に水筒がはまったのが懐かしい…)今回は緩さはほぼありません

前回告白してしまった一之瀬の恋の行方に、明かされるホワイトルーム生の正体などなど、そもそも構成が短編集ではないですね。

それでは、よう実2年生編4.5巻のあらすじ&感想です。ホワイトルーム生のところでは思いっきり正体をバラしてしまっているので、ネタバレにお気を付けて…。

動き出す南雲の計略×恋する一之瀬

前回の後半で南雲相手にやらかした綾小路ですが、夏休み早々南雲の指示が3年生に出されます。

南雲性格悪いな〜

綾小路に対して直接何かをしてくるわけではありませんが、3年生からの視線攻撃に晒される綾小路。基本的に日陰で1年半を過ごして来た綾小路なので、結構効いているようです。

綾小路以外のほとんどの生徒は気付かない中、おそらく唯一気付いた坂柳は流石っす。そして、南雲本人の登場は決定的なシーンです。

南雲性格悪すぎやな〜

一之瀬を呼んで無人島での告白に対して返事をしようとした時のこと。
完璧なタイミングでやって来た南雲の口から恵との関係をバラされてしまいます

南雲マジ、、、お前○○だな!(○○のところはご自由に埋めてください)

「さよなら」と言って部屋に戻って行く一之瀬。僕の推しキャラツートップの片方が散ってしまいました…。

綾小路ピアノ・ようこそ実力至上主義の教室へ2年生編4.5感想
今回はなんと、綾小路がピアノを引くシーンも!
スポンサーリンク

七瀬、龍園、堀北。それぞれの探す人物は。

みんな誰かを探してますね。「君の名は。」かな?
まあそんな青春っぽい雰囲気は1mmもないですが。

七瀬ちゃんは綾小路を襲おうとした人物を。

そして僕の推しキャラツートップのもう片方、七瀬ちゃんです。2年生編4巻の出だしでGPSサーチをしていた七瀬ちゃんは、天沢以外に1年生のモブと櫛田がいることに気付いていました。

今回は1年のモブを見張りつつ、綾小路にも毎日声をかけていたみたいです。可愛い。

あとは七瀬ちゃんの天然さが強調される話、アレが結構アレであることが強調される話が多いですね笑。可愛い。

結局1年生の裏にはCクラスの男子、宇都宮がいるっぽいことが分かります。宇都宮くんは悪者なのか?
前回、七瀬ちゃんっぽい人と連絡を取っていましたし、モブではなさそうですが…。

龍園はクラスメイトを突き落とした人物を。

そして龍園は意外にもと言うべきか、クラスメイト二人を斜面に突き落とした犯人を探そうとしています。そして、その時周辺にいた七瀬ちゃんに目をつけた龍園。

七瀬ちゃんが探しているのは綾小路を襲った犯人なので龍園の勘違いではあるものの、やはり龍園の頭の良さや用意周到さが窺えます。

堀北はテントにメモを残した人物を。

今度は堀北です。試験最終日に綾小路の危機を知らせるメモを受け取った堀北。メモを残した人物を探すため、伊吹と協力(?)して行動します。この二人が協力(?)するようになるとはね……。

明かされるホワイトルーム生

さて、それではホワイトルーム生の正体です。全く関係のなさそうな三人の人探しですが、全ての裏にこのホワイトルーム生がいます。そして、これはずばり八神拓也ですね。

八神って誰?という方のために一言で説明すると、堀北&櫛田と同じ中学の後輩=櫛田のブラックリストメンバーです。天沢は本当にホワイトルームを抜けたようですが、八神は本当の敵。

綾小路と八神の直接対決がよう実の大きなクライマックスになりそうな予感がします。直接対決とは言っても頭脳戦になりそうですね。

頭脳バトルものだし、そう来なくっちゃ!

結局八神のことで気になるのは中学時代のことですよね。櫛田は普通に八神のことを知っていましたが、ホワイトルームと矛盾しないか?と思います。単に別人に化けているだけだったら拍子抜けですが…。

あと八神は一連の事件の黒幕の割に、小物感(笑)に溢れていますね。計画のことを饒舌に話したり、うざったい笑みを浮かべたりと、綾小路とは随分違うなーという感想を抱きます。

スポンサーリンク

感想:堀北クラス内の動きも

小説の書き方に沿ってリーダーでクラスを区別することにしますが、堀北クラス内でも少しずつ変化がありそうですね。この後いくつか書いていきますが、それ以外にも

  • 佐藤松下という二人の女子がモブ+αくらいになって来たこと
  • 綾小路と恵の関係を徐々にオープンにして行くこと
  • 池と篠原が付き合いだしたこと

などでしょうか。

またまた水着回です

プライベートプール・ようこそ実力至上主義の教室へ2年生編4.5感想

前回は七瀬ちゃんの水着姿を拝むことができましたが、今回は綾小路グループでプライベートプールに来ます。ここでは、佐倉が少しずつ変わろうとしている姿が描かれます。

あとはプールでの綾小路と波瑠加の会話ですね。視線に対する嫌悪感のある波瑠加が、綾小路は悪くないと言って「好き好んで見てるわけじゃないことくらい分かるし」と言ったとき。
心の中で「え、いや……好き好んで見ていないこともないが」と思っているのには笑いました。

突然の宝探し:やはりこの男

息抜き回のような感じで唐突な宝探しが開催されます。綾小路は順調にポイントを獲得するのですが、見つけにくいお宝を見つけた(らしい)のは高円寺です。

金持ちはさらに金持ちになって行く…。しかも1年生編10巻表紙のみーちゃんと宝探しをやっていた様子。どんな風の吹き回しでしょうね。

そろそろ茶柱先生の過去も知ろう

どうやら次回の特別試験真嶋、星之宮、茶柱先生が学生時代に経験したもので、かなり不穏な試験のようです。いったい過去に何があったのか、そろそろ語られる頃かもしれませんね。

それでは次回、夏休み明けの展開に期待です。なんとなく聞いた話や帯を見ると、結構暗い話になりそうですが…。

著:衣笠彰梧/イラスト:トモセシュンサク
¥653 (2021/12/20 11:33時点 | Amazon調べ)
タイトルとURLをコピーしました