よう実1巻・ネタバレ感想【本当の実力と、平等とは。頭脳バトル×学園の物語、開幕!】

はじめに

さて、今回紹介していく作品はこちら!

著:衣笠彰梧/イラスト:トモセシュンサク
¥574 (2022/08/07 16:02時点 | Amazon調べ)

「このライトノベルがすごい」でも常連となっているようこそ実力至上主義の教室へです。まあまずは裏表紙に書いてあるあらすじを載せておきます。

「希望する進学、就職先にほぼ100%応えるという全国屈指の名門校・高度育成高等学校。
最新設備の使用はもちろん、毎月10万円の金銭に値するポイントが支給され、髪型や私物の持ち込みも自由。まさに楽園のような学校。

だがその正体は優秀な者だけが好待遇を受けられる実力至上主義の学校だった。ある理由から入試で手を抜いた結果、主人公・綾小路清隆は、不良品が集まる場所と揶揄される最底辺のDクラスに配属されてしまう。
同じクラスで成績は優秀だが性格に超難ありの美少女・堀北鈴音、気遣いと優しさでできた天使のような少女・櫛田桔梗らと出会うことで清隆の状況も変化していって……。大人気クリエイターコンビが贈る、新たな学園黙示録!?」

実力至上主義の教室
スポンサーリンク

内容について

最初はなぜか主人公から、人は平等であるか否かという問いを突きつけられ、ん?となりますが、謎のプロローグが終わった後は上記のあらすじにあるような学校の情景が語られ、退学をかけた最初の中間試験(筆記)に挑んでいくという話。

他のライトベル作品と比較した場合、アクションシーンがあまり存在しないのが特徴です。ジャンル的にも頭脳バトルと言われているので、今後もそこまで派手なことにはならない可能性がありますね。具体的に1巻でのアクションシーンは2ページほどでしょうか。

他作品との比較で言うなら、剣で戦うSAO、魔法で戦う魔法科、そして頭脳で戦うよう実、といった感じです。

ライトノベルとして重要な要素には、まずイラスト、そして主人公があると思います。この2つに関しては、どちらも完璧に満たしているのではないか?といった感想です。

既に1つシリーズを完結させているタッグですので、最初から絵のレベルが高く、ストーリーを非常によく引き立てています。

次に主人公ですが、この男、綾小路清隆はとんでもない奴の予感がします…。事なかれ主義を自称する一方で非常に頭が切れて身体能力も高いこと、そしてそれをなぜか隠していることが分かりますが、まだまだ謎多き主人公です。

ここまで底が知れず目立とうとしない主人公は珍しいのではないでしょうか。本当の「実力」が高そうなのは1巻からでも分かりますが…

少しネタバレになりますが、問題児を切り捨てようとする堀北を説得することになった綾小路は、この学校に入った目的を語ります。

本当の実力と、平等が何かを知るため、という何やら小難しい話をしていますが、おそらくこのシーンは1巻の中で最も重要なシーンだと思われます。
今後この目的のために何か行動を起こすことはあるのか、周りとの関係はどうなっていくのか、注目ですね。

まとめ

1巻全体からわかる作品の雰囲気としてはシリアス要素が多めで、人間の暗い側面も描き出す作品、といった感じでしょうか。もちろん笑える場面もしっかりとあるのですが、話の流れとしてはシリアス寄りだと言えます。

そもそもテストで1科目でも赤点を取ったら退学とか、システムおかしいだろ笑。
僕の出身高校からも何人も退学者出ますよそんなことしたら…。

伏線の多さもかなりのものなので、今後の展開でどうなっていくのか、先が楽しみになる第1巻でした!

頭脳バトルと呼ばれるジャンルの小説は今までに読んだことがなかったのですが、想像以上に面白かったです。アクションシーンが少ないと言うことは少し単調なのでは?とも思いましたが、それは杞憂でした。

このようなジャンルを読んだことのある人はもちろん、読んだことのない方にこそ定番のシリーズとしておすすめしたいです!

著:衣笠彰梧/イラスト:トモセシュンサク
¥574 (2022/08/07 16:02時点 | Amazon調べ)
タイトルとURLをコピーしました